HOME>アーカイブ>一生役立つスキルを身につけさせてあげよう
授業

楽しめるかどうかが一番

小学生から学校で英語に触れるということになると、その前にしっかり身に着けさせてあげたいという気持ちもわいてくるものです。習い事を選ぶときに英語についても選択肢に入れる家庭も多くなってくるでしょう。しかし、適当に教室に入れることで身に付くというものではありません。最近は多くの教室があり、その傾向や講師の考えも様々です。それが子供に合わなければ、いくら良い教室でも意味が無くなってしまいます。子供が楽しめる教室であれば習う英語も身に付きやすいでしょう。実際に体験授業などを受けてみて、お子さんが最も楽しく過ごせている教室を選ぶようにするのがおすすめです。

ゲームなどで楽しく学べる

小学生など小さなお子さんがメインの教室では、英語の知識を机上で学ぶというよりはゲームや歌などを通して英語に親しんでいくという形が多くなるようです。英語がつらいものではなく、楽しいものだという事を知ることが出来ればその後の学習にもスムーズに移行することが出来ます。特にこれまで英語にあまり触れてこなかったお子さんの場合、はじめから英語に嫌悪感を抱くことが無いように教室選びをしていくようにしたいものです。

家庭でも使える教材

近くに適切な英語教室が無いという場合も、英語を学ばせることを諦める必要はありません。親子で一緒に自宅で学んでいくという事も出来ます。最近は子ども用の英語教材や通信教育なども多いので、そういった物を利用して自宅で英語に親しんでいく機会を持つようにしましょう。小学生のうちは成績を考えるより、まずはコミュニケーションを楽しみながら行うことが大切です。できないことも叱ったりせず、楽しめるように誘導し、一緒に学んでいきましょう。

広告募集中